ギャラリーC

地域情報ギャラC小町

宍道町の話題をスタッフが取材して楽しい記事にしました。情報誌ギャラC小町と連動しています。

  • /images/120110304134412.jpg パワースポット パワースポットとは、大地や天からのエネルギーが強く集まる場所、癒し・心身浄化が出来る場所といわれる。神社仏閣がパワースポットである理由として、古代人が自然の中にそのような場を見出し、そこに神社を建立したといわれる。
  • /images/120101030132124.jpg 喜久屋の米粉パン 9号線沿い、島根信用金庫となり「喜久屋」 宍道町民は、給食のパンやご飯、お餅に赤飯などでおなじみだ。
  • /images/120101030120024.jpg しんじ湖スポーツクラブ 土曜遊び塾の主催者は、NPO法人しんじ湖スポーツクラブだ。子供から高齢者まで、楽しめるスポーツを企画する、生涯スポーツの発信基地なのだ。
  • /images/120101030112801.jpg おやじクラブと肝っ玉かあさんず 毎月1回土曜遊び塾という子供達の活動がある。おやじクラブと肝っ玉母さんすが、実働部隊です。9月の遊び塾は「ゴズ釣り大会」、ゴズ釣り大会に参加して、おやじクラブと肝っ玉母さんずのことを、土江博美さんに聞いた。
  • /images/120100825113850.jpg ふるさとのむかし話 5 落語のように、「おち」がある面白いお話しです。「かえるの見物」
  • /images/120100821112406.jpg 歴史ウオーキング しんじ湖スポーツクラブ主催の歴史ウオーキングに参加した。案内人は西来待の五百川秀男さん、いろいろなお話を聞きながらのウオーキングは、宍道再発見だった。
  • /images/120100821101213.jpg 大野豆腐店 この夏の暑さは厳しかったですね。まだまだ、残暑は続きそう、食欲のないとき冷奴はおいしいですね。宍道町の大野豆腐店を取材しました。
  • /images/120100619103826.jpg ふるさとのむかし話4 ギャラC小町13号は宍道湖特集、今回は宍道湖のお話です「のろいのばけもの」語り手 勝部恭雄(M40年生まれ鏡地区) 聞き手 庄司英夫 さし絵 藤原治義
  • /images/120100619095513.jpg 古民家再生 松崎直也さん この春から、宍道町白石地区に築130年の古民家を買い求め、改装工事をしている。6月5日お天気の良い土曜日、ボランテアさんが集まって改修作業をするということで、お話を聞きに言った。
  • /images/120100618105010.jpg シジミ漁師 土江幹夫さん 宍道湖のシジミ漁のことを聞きに、9号線沿い白石食堂横の船小屋に、土江幹夫さんをたずねた。宍道湖の水はとてもきれいで、透き通っている。雨で川から流されてきた木屑が、船だまりに打ち寄せられる。これを掃除することが大変だそうだ。
  • /images/120100616135851.jpg 日本しじみ研究所 宍道湖は私達町民にとって大切な財産です。おいしいシジミのほか、たくさんの恵みをいただくとともに、四季折々の宍道湖の風景に癒されます。日本しじみ研究所は、日本で唯一シジミを研究している機関です。お話を聞きました。
  • /images/120100420165536.jpg ふるさとのむかし話 3 金比羅宮を参拝したので、今回は鏡地区の山の上にあった、金比羅さんのお話です「力持ちの万吉さん」
  • /images/120100420162317.jpg 来待 八重山 八重山(八十山)は宍道町と大東町の境にあり、山頂にはお地蔵さんが祭られている。その昔は、八重山神社や八葉院があったという。
  • /images/120100410111928.jpg 来待石のカラス天狗 玉作湯神社の裏山に、来待石のカラス天狗の石像があるという。
  • /images/120100409161233.jpg 玉作湯神社と勾玉 ギャラC小町12号は、ワンデイハイクをしよう。玉湯町の玉作湯神社に出かけた。
  • /images/120100318102503.jpg ふるさとのむかし話 2 2回目は「向こう鏡橋」というお話、このお話は玉湯町のむかしばなしを集めた本にも掲載されており、ちょうど、宍道町と玉湯町の境になる地区ですから、同じように伝わっているのだろう。
  • /images/120100317144609.jpg 佐藤孝哉君 平成6年生まれ、中学3年生。くにびきマラソンに出場した2月11日、佐藤君にいろいろお話を聞いた。冷たい雨がふるこの日「寒くて、マラソンは大変だったでしょう」 「優勝しました」
  • /images/120100317140439.jpg だんだん食フエスタ この季節には珍しく好天に恵まれた2月7日、松江だんだん食フェスタが松江駅周辺で開催された。
  • /images/120100317132245.jpg 節分祭万燈籠 宍道・氷川神社では、古くからの神事のひとつ、節分祭を盛り上げようと、宍道・祇園社神輿協賛会(会長・川島光雅氏)が「お火たき万燈籠」と銘打ち、ボランテイアとともに、500基の燈籠に火を入れた。
  • /images/120100317120555.jpg 宍道高校開校 4月宍道高校が開校することは、皆さんご存知と思う。建物も完成し、周辺道路整備も進んでいる。木次線のダイヤ改正でも、宍道高校の通学利便性に配慮されているらしい。どんな学校なのか、知っている人は、少ないのではと調べてみた。
宍道町往年の商魂

TOP